« 信濃川河口 | トップページ | 札幌の秋 »

2014年10月19日 (日)

牡鹿はサバ祭り

1か月ぶりぐらいで、牡鹿へ。

今回もhideさんと一緒になりました。
ずっと台風やらなんやらで、実際、このところ、日曜日で海が静かなのは月一回ぐらいなので、みんな自然と一緒になってしまいます。
ほかの人も同様で、今日はよく見かける顔が結構いました。
それにしても今日は10隻以上はここから出て行ったようです。
20141019_100847
さて、出航して走っていると大きめの魚が数匹水面ではねた。
すかさずジグを投入すると、サバがかかった。
とりあえずキープして潜航版を流しつつ深場へ向かおうとするが、ちょっと走るとすぐサバがかかってストップ、また走り出すとすぐまたサバ、一向に進めないので潜航版はやめてそのまま走りつつ魚探を見ていると、中央の深いところはずーっとサバの魚影が延々と続く。
ほんとにこれが全部サバなのか確かめてみようと、メタルジグを落とすとすぐにサバがかかる。あっというまに10匹ぐらいになったので、あとはひたすらリリース。
これはかなわないと浅場に行ってロックをやることに。
ところが深場はあれだけ魚探がピーピー言っているのに、岸近くに来るとシーン。
まったく魚探に反応なし。
とりあえずソフトルアーで探ってみるが反応なし。
途中、hideさん親子に会うと、アイナメは筏のカレイポイントで餌に来て、ルアーはダメとのこと。
うーん、イソメは持ってきてないので、困った。
何を狙おう?
と、hideさんが型のサバと一緒にいいアジを釣ったとのこと。
アジ、食べたい!
ということで、ふたたび深場に戻ってアジ狙い。
しかし、案の定、来るのはサバばかり。
致命傷を与えてしまったもの以外はすべてリリース。
すると、釣れたサバを追いかけて尾びれの黄色い大きな魚影が上がってきた。
ワラサがいる!
そこで、大きめのインチクに変えて下層をしゃくると、
思い通り、イナダが来た。
40cmあったので、とりあえずイナダ。
先日のようなワラサではないが、とりあえずサバ以外が釣れたので良しとして、帰港した。
20141019_100900

イソメを持って来れば良かったな~、とちょっと後悔。
でも、天気も良く、海も静かで、hideさん親子ともご一緒できたのでOK
魚とのやり取りも十分楽しめました。
20141019_133434
釣果はイナダ1匹、サバ10匹ほど、リリース多数
カレイ狙いの人ともお話ししましたが、カレイもまだシーズンインしてないとのこと。
アイナメもカレイもこれからのようです。

« 信濃川河口 | トップページ | 札幌の秋 »

コメント

大漁ですね!

青物シーズンが終了する前に,我が家も青物祭りで盛り上がりたいです。

ロックももうすぐシーズンに入るし,楽しみですね!

イナダ、狙っても
なかなか釣り上げることが出来ませんでしたが
上げちゃいましたか!(笑)

インチクこちらでも通用するのですねぇ
持ち歩こうっと!(#^_^#)

ほんと楽しかったです!

またご一緒してください♪

boatrockfishさん

まだまだ青物の魚影は濃いので、ひょっとするともう少し先まで大丈夫かも、ですよ。
一応、用意をしていった方がいいかもです。
ただ、ロックとは場所が全然違うので要注意です。
いつかご一緒したいですね。

hideさん

サバに邪魔されにくいように、大きくて重いインチクで一気に底に落としたのが正解でした。

でも食べるならアジの方がいいな~

またご一緒しましょう。

初めましてm(__)m
太平洋でのゴムボ釣りに行ってみたいと思いメールしました。

宮城県では、漁港からゴムボートをだせるんですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504887/60510748

この記事へのトラックバック一覧です: 牡鹿はサバ祭り:

« 信濃川河口 | トップページ | 札幌の秋 »

フォト
無料ブログはココログ